MENU

子供のワキガ対策でアルコールティッシュは効果はある?

子供に対してワキガの対策をしておこうというのはなかなか難しいものです。
手術をするというとなると、子供の体や精神には結構負担がかかるものですし、ワキガクリームとかといった者を利用するというのも、子供にとっては自分の脇の臭いが気になることにもなりえます。
そんな子供になるべく精神的な負担をかけず、なおかつ子供でもやりやすい方法といえばアルコールティッシュが効果的です。

 

アルコールティッシュはがワキガに効く理由

アルコールティッシュがワキガに効く理由としてはアルコールに殺菌効果があることです。
アルコールの殺菌能力はかなり強くほんの少し拭いておくだけで、菌の大半が死滅するほどの効果があります。
ワキガの原因となるアポクリン腺から分泌する汗については、菌が分解をしなければ臭いを発生できませんし、アルコールティッシュで汗ごと拭きますから、その汗の成分もなくなりますのでアルコールティッシュはとても効果的なのであります。

 

ただし、効果は長くは続かないし、利用のし過ぎにお注意

ただ、アルコールティッシュを利用しても効果は長くは続きません。
おおよそ4時間くらい経過しますと菌の数はアルコールティッシュでふく前の数に戻ってしまいます。
継続的に効果を出すには、何度かやらなければならないことになりますので、一時的なものとしてよく利用しておけばいいでしょう。
また、アルコールは揮発性が高く、肌の水分も一緒にうばいますから、乾燥による肌荒れがおこる危険性があります。
アルコールを塗ると赤みが出てしまうアルコール過敏症の方も利用をすることを控えた方がいいケースもあります。

 

子供にはとても利用がしやすい。

アルコールティッシュは基本的に家庭でも手に入れやすい商品ですし、ちょっと拭くだけで簡単に臭いが取れますので子供にとってはとても利用がしやすいものであります。
アルコールティッシュを利用することは、一見するとワキガの予防というわけではなく、体を清潔にしようとしているようにみえるものでありますからワキガであることをごまかしやすい方法でもあるおで、心理的な負担も少ないのです。
あとは、あまり多くの利用をしなくてもいいので、お昼にちょっとケアするとか学校からの帰り際にちょっとやる感じでしばらく時間を空けてアルコールティッシュを利用するように習慣付けてあげると、子供にも大きな負担なく利用がしやすくなると思います。

このページの先頭へ