MENU

子供わきが治療の費用やメリットとデメリットは?

子供であってもワキガを患うことはあり、臭いによって友人関係にも悪影響が出やすいこともあります。
それだったらあらかじめ子供のうちから手術を

 

ワキガ治療のメリットについて

ワキガ治療を子供のうちにやっておくというのは、将来のために有効なのが最大のメリットです。
匂いがしてしまうことによっていじめにあってしまって最悪不登校などになってしまうこともあり、そういったことをあらかじめ除去しておけばいいのです。
治療を行えば、臭いなどによって子供が困るようなことがなくなるでしょうから、いじめにあったりするようなことがなくなる可能性も十分にありますので
しっかりと治療することもいいのではないかと思います。
また、手術方法によってはそれほど体に傷が残らないケースもありますので、安心して子供が行えるようなケースもあります。

 

ワキガ治療のデメリットについて

ワキガ治療のデメリットとしては、再発の危険性が大人に比べてかなり高くあることです。
子供のころというのは、ワキガの原因であるアポクリン腺はまだまだ発展途上段階ですから、成長期になってアポクリン腺が俺から発達してくるものです。
再生力が高い時期からこそ、手術をしても再発する危険性が高いです。
また、手術方法によっては子供のころから傷が残ったりするようなこともありますので、これから思春期に服を着るものも制限されるかもしれません。
子供の時代だからこそ、色々な面でデリケートに対応していかないといけませんので、なかなか手術といった手段には手を出しにくいでしょう
その他にも手術方法によっては、痛いものも多いですから子供には結構きついことも大きなデメリットです。

 

手術などをするにしても費用はどうなるのか?

子供のワキガを治すために手術を選択するとなると、費用面はどうしても気になるものです。
結論から言いますと、手術台に関しては子供も大人も基本的に同じような費用が掛かります。
代表的な手術方法である皮弁法ですと、5万円から10万円と言った感じでお金がかかってきます。
保険が適用のないミラドライという方法ですと35万円くらいはかかってしまいます。
子供だからといって安くなるようなことは基本的にないと思ったほうがいいでしょう。

 

手術となると結構いろいろな面で子供にはリスクが出てくるでしょうから、手術をもししたくない場合にはデオドラントや制汗剤などを使って
臭いに対処しながら、大人になるのを待ってみるのが手術をしない際にはベストだと思います。
それでも手術がしたいときには、医師としっかりと相談したうえで、手術方法を選んでみるといいでしょう。

このページの先頭へ