MENU

わきがは遺伝が関係するのか?

大切な我が子には、多くの良い部分を遺伝させたい、と願うのは親として当然のことであります。ですが、中には遺伝して欲しくない部分。
すなわち、マイナスの部分もあるのが事実です。
その中でも特に、遺伝して欲しくないと考えられるものが「ワキガ体質」です。なぜなら、ワキガというものが、多くの人に嫌がられたり、不快感を与えてしまうからです。
一度ワキガを発症してしまうと残念ながら、完治するのはなかなか難しいのです。ですから、我が子に遺伝させたくないと願うものの上位の一つに入るのです。

 

なぜワキガになるのか

ワキガは、アポクリン汗腺と呼ばれる部分から分泌される成分や汗により、強いニオイを発します。
鼻につく、金属のような強いニオイが特徴で、多くの人に敬遠されています。アポクリン汗腺というのは、人間のワキ、耳、頭部など、毛が生えている部分に多くあるものです。
一般の汗というのは、エクリン汗腺から分泌されます。多くの成分が水分であり、ほとんどニオイはありません。また、サラサラしているのも特徴です。
ですが、ワキガの原因となっている汗は、アポクリン汗腺から分泌される、ベトベトした汗なのです。水分以外に、たんぱく質や脂質などを含んでいて、ドロドロの汗となっているのです。
そのアポクリン汗腺が発達している人とアポクリン汗腺が全くない人、またアポクリン汗腺が少ない発達量である人とは、ワキガのニオイを生み出すことに大きな差が生まれてくるのです。

 

遺伝はするのか

先ほど説明したように、ワキガの原因となっているのが、アポクリン汗腺の発達の有無なのです。
アポクリン汗腺の数がどれだけあるかというのは、残念ながら生まれたときから決まっています。自分で数を選べるわけではなく、親からもらった命とともに、ワキガの原因であるアポクリン汗腺の量も、遺伝して生まれてくるのです。
すなわち、高い確率でワキガは遺伝します。両親共にワキガである場合は90%近く、片方の親がワキガである場合にも60%近くの確率で遺伝します。子どものワキガの発症年齢はさまざまですが、第2次成長期であることが多いです。
もしも、親からワキガが遺伝していた場合、小学校高学年くらいから、中学生、高校生である間に発症することが多いです。
もちろん、高い確率で遺伝はしますが、全く遺伝しないで生まれてくる子どももいます。ですが、こんなに高い確率で遺伝して生まれてきてしまうのは、悲しい現実です。
そのため、現代では、ワキガに対するさまざまな治療や、対策方法も考えられています。

このページの先頭へ