MENU

自分の子供がワキガ体質だったなんて嘘だと思った

私は38歳の二児の母です。
子供がワキガだと思ったのは小学3年生の時です。きっかけは、映画を見に行った帰りになんだか臭うなと思っていた時に下にものを落としたので拾おうと思って屈んだときに気づきました。

 

ネットで小学3年生でワキガとか早くないかと思ったのでいろいろ調べ最近はワキガの低年齢化が進んでいるという記事を見つけ、ミョウバンを水で薄めてスプレーするといいと書いてあったので試してみました。
ただ、たくさん作れるのに使う量が少なく2週間で破棄しないといけないのでもったいないと思い、最近ではデオナチュレのスティックタイプを塗らせています。

 

子供のワキガだということで、下の子供がちょうど脇のあたりに鼻がくるのですが、お姉ちゃん臭いと大きな声で公共の場で言ったりするのでそれがすごく嫌です。今はとりあえず言わせないようにきをつけています。

 

小学5年生になるので、これから思春期に突入するためにおいが更にきつくなるんじゃないかと本人も気にしているようで、でも学校に勉強以外のものを持って行ってはいけないのでデオナチュレを持っていけないし少し困っています。

 

ワキガであるということは、これから一緒にすごく事が多くなる友人に一番に気づかれてしまうことだと思います。
また日本人は臭いに敏感で特に女子は敏感な子が多いので、今から臭っていなくてもエチケットで脇に塗りなさいと毎日言ってあげるのがなんだかとてもかわいそうに思ってしまいます。
また、ワキガイコール耳垢があめ耳で、重度のあめ耳で茶色いものがとれたりします。耳鼻科であめ耳の子は一生あめ耳だからと言われました。
それに、まだまだこれからもっと多汗症やわきの汗染みで悩まされるかと思うと自分の子供ながらに同情します。
今は手術やボトックス注射などいろいろ治療法はありますが、どれも高価で副作用やリスクがあり、また再発の可能性も完全に除去できるわけではないという口コミが多々あるので困っています。
これから修学旅行等で集団生活をするなかでワキガだから特に嫌われないようにしてあげないとと思ってはいますが、いつも目の届くところにいる年齢ではなくなってきたので、いろいろ心配です。林間学校等でもお風呂に入るのを2日に一回とかあるみたいなので臭いがとてもとても心配です。でも先生にもあまりデリケートな問題なので相談しにくいです。
トイレに行くときにこっそり塗るよう今から少しずつ教えていかないとと思っています。

このページの先頭へ